本文へ移動

情報セキュリティポリシー

情報セキュリティポリシー

昭和精機工業株式会社は、情報セキュリティのレベルを継続的に向上させ、そのリスクを適切に制御することを目指し、お客様や取引先の情報資産および当社の情報資産を確実に守り、利害関係者だけではなく、広く社会からセキュリティレベルが高い企業と評価されるよう、以下に述べる基本方針に則り、役員・従業員全員参加で継続的に情報セキュリティ対策に取り組みます。

情報セキュリティ基本方針

  1. 情報セキュリティへの取り組み
    情報資産をリスクから確実に守るために、全社をあげて情報セキュリティ対策に取り組む。社員等が情報セキュリティに関する意識を向上させ、全員参加で継続的にセキュリティの維持向上に取り組む。
     
  2. 情報セキュリティ管理体制の構築
    グループ会社共通で同一レベルの情報セキュリティ対策を実施できるように、COCE委員会を設置する。全事業所の代表委員が定期的に情報セキュリティに関する事項の審議をし、全事業所で情報セキュリティ対策が確実に実施されるように推進する。COCE委員会の活動は機密情報保護の推進も含む。
     
  3. 情報セキュリティ規定の順守
    社員等が当社の情報資産の機密性、完全性、可用性を維持しながら、業務を遂行できるように、具体的に守るべき基本ルールを規程として定め、全ての社員等がこの規程の内容を理解し、遵守しなければならない。
     
  4. 情報セキュリティに関する教育
    当社は社員等が常に情報セキュリティを念頭において業務を遂行できるように、定期的に従業員を対象に教育啓蒙活動を実施する。また、毎回教育の理解度等の効果測定を実施し、教育が有効に働くように改善していく。
TOPへ戻る